FOOD

始めよう!野菜満喫生活

食欲の秋を満たす、秋のおいしい食材たち。秋(10月頃)に旬を迎える野菜はたくさんあります。葉野菜ではチンゲン菜やレタス、ルッコラなどが挙げられ、根菜類では、じゃがいもやごぼう、人参などが代表的な野菜です。また、栗や銀杏が店頭に並び始めると、秋が来たなって嬉しくなりますよね。

旬の野菜をおいしくいただこう

昔から「春に旬を迎えるものは体調の変化を整え、夏に旬を迎えるものは体を冷やす。秋に旬を迎えるものは冬の寒さに備え、冬に旬を迎えるものは体を温める」と言われるように、旬の食べ物は、その季節に体が欲しているものとされています。

旬の食材が持つパワーをおいしくいただきましょう♪

野菜をおいしく保存するために

せっかくの旬の野菜も保存方法を間違えてしまうと、早くダメになってしまいがち。原産地が暖かい南国うまれの野菜たちは、低温環境に弱いため、冷蔵庫保存が向かないとされています。

また、湿気に弱いじゃがいもや玉ねぎも、冷蔵庫よりも湿気の少ない冷暗所で常温保存する方が長持ちします。

ただし、野菜はカットするとエチレン(老化植物ホルモン)が発生しやすくなるため、カットした後はラップで包んだり、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保管してくださいね。

話題の「ベジバッグ」を活用しよう

「かわいくて機能的!」とおしゃれなママさんたちの間で話題の「ベジバッグ」。買い物バッグとして使った後、そのまま野菜ストッカーとして使うことのできる1つ2役の便利グッズなんです♪

基本的に野菜は畑で育っている状態で保存するのが好ましいとされていますので、人参や大根、ごぼうなどは立てたまま保存することで鮮度が長持ちするんですよ!

野菜をおいしく活かす鍋

これからの寒い季節、温野菜を上手に摂りましょう。温野菜は、加熱調理することでカサが減り、一度にたくさんの野菜を食べられることが嬉しいポイントですよね。

食材のおいしさを活かす鍋として、アルミダイキャスト製の鍋が注目を集めています。鋳物鍋より軽くて使いやすいアルミダイキャスト製の鍋は、熱伝導に優れているので、時短料理が得意なんです♪

優しい加熱で繊細な蒸し料理や崩れやすい食材の調理にぴったりです。