DEVELOPMENT

バイヤーが語る!デイジーラボフライパンのこだわり

デイジーラボフライパンのこだわり1

デイジーラボのフライパンを担当しているバイヤーに、商品へのこだわりを語ってもらいました!

カラーへのこだわり

デイジーラボフライパンのこだわり2

“フライパンは外面にカラーが付くため、せっかくお気に入りのカラーのフライパンを買っても実際に使っているときにはカラーが見えない…

そんな要望に応えるため、デイジーのカラーが活かせるようにハンドル部分にカラーパーツをはめています。

女性の手にも持ちやすいのはもちろん、カラーがしっかりと見えるということをこだわっています。

春夏と秋冬で取扱いサイズを工夫

デイジーラボフライパンのこだわり3

■春夏カラー:ミニサイズ・片手鍋/両手鍋

春夏カラーの時は、新生活もあるため14~16cmサイズなどちょっとしたお弁当作りやおかずづくりに使い勝手の良いサイズをプラス。

また、片手鍋・両手鍋も、新生活を始める方が合わせて購入していただけるように取り揃えています。

ニーズに寄り添ったサイズ展開

デイジーラボフライパンのこだわり4

■秋冬カラー:大き目の深型フライパン・炒めなべ28cm

秋冬カラーの時は、あたたかい煮込み料理なども食べたくなる時期のため、深型サイズのディープパンを24㎝と少し大きいサイズで展開。汁ものも注ぎやすいよう注ぎ口が付いています。(春夏の場合は21㎝の小さ目サイズ)

また、ちょっとした汁ものにも対応できる炒めなべ28㎝も秋冬のみの取扱いとなります。

ご使用いただく方のキモチに寄り添ってバリエーションを揃えていますので、これからのデイジーラボのフライパンもお楽しみに!